fc2ブログ
2021/04/06

せめて「おかえり」と言わせてほしかった。

やっと9人揃った姿を見れたのに、このたった一言が言えなかったのが悔しい。

だけど、久しぶりにメンバーに囲まれている圭人は心なしか以前よりも逞しく凛々しく、そして自信に満ち溢れているように見えた。これが2年半という歳月なのか。きっと良い経験を積んできた証拠なのだと思う。

圭人の言葉に相槌を入れたり、頷いたりするメンバーが多い中、両脇に立つやまちねは微動だにせず、とても見ていられないような表情をしていて。そんな顔しないでくれよ。見てるこっちはどうしたらいいか分かんないよ。そう思いながらも、目が離せないでいた。

そしたら、山田さんがはっきり言ったんです。「自分勝手だと思いました」と。

もうね、うちのエースは何でも背負い過ぎよ。あなたがそんなこと言ってしまったらね、私はもう何も言えませんよ。黙るしかないですよ。圭人のことを心の底から大切に想っている山田さんだからこそ、あえて厳しいことを自ら言って圭人のことを全力で守ろうとしている。山田涼介にしかできない最上級の優しさ。本当にあなたはどこまでも背負っていく覚悟と強さがあるんだなと思ったよ。

9人のパフォーマンスが見れるのは4月11日の1公演のみ。もしかしたら9人揃ったHey!Say!JUMPは初めて見るというファンもいるかもしれない。2年半の間にどれだけファンが増えたか分からないけど、きっと少なくないはずだ。

私はと言うと、ついこの間「あれ?なんか今日のじゃんぷ少なくない?」って人数を数えて「なんだ、8人いるじゃん」ってなって、圭人がいないだけでこんなに足りなく見えるんだって思ったばっかりだった。それと同時に見慣れてたまるもんかとも思った。

でも、圭人には圭人の人生がある。もう決めちゃったんだからそれを止めることはできないんだよね。そう分かっていても、やっぱり嫌だなあ。だって、圭人がいるからHey!Say!JUMPなのに。

多分圭人がいなければ、JUMPバンドは生まれてなかったと思う。ガシガシ踊るじゃんぷも、キラキラとファンサを振り撒くじゃんぷも、わちゃわちゃしてファンを置いてきぼりにしちゃうじゃんぷも、どんなじゃんぷだって大好きだけど、楽器が演奏できるじゃんぷのことは特別に誇らしく思ってきた。元々楽器を演奏できるメンバーはいたけれど、圭人がいたからバンドをやろうってなったんだと私は信じて疑わない。そして、JUMPバンドのおかげで新しく楽器を始めたメンバーもいる。9人という大人数でバンド演奏ができるHey!Say!JUMPはすこぶるカッコいいと胸を張って言える。

だから、もし叶うなら、11日は9人でバンドをやってほしいな。圭人のことだからバンドをしたいって言ってくれてるかな。そうだったらいいな。

まだ、11日まで時間はある。心の準備はできてないけど、でも、まだ。だから、その時が来るまで別れの言葉は言いません。だって、Hey!Say!JUMPは9人ですから。

何もないままいなくならなくて良かった。9人のパフォーマンスを見せてくれる機会があって良かった。でも、最後になるのは嫌だな。もっと9人のHey!Say!JUMPが見たいな。約束は守ってほしかったな。なんて言い出したらキリがないね。

だけど、これだけはしっかり言わせてください。

「圭人おかえり、ずっと待ってたよ」

参加中
ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト



2018/10/08

福岡ドームに行きます。

オーラス当たりました!

ということで、福岡ドームでの公演に行きます。アリーナツアーが蓋を開けたら完全に東日本ツアーだった件でしばらく落ち込んでいたけれど、ドーム決まって福岡にも来るって分かって、本当に良かったです。ヤフオクドームと呼ぶのが正しいんでしょうけど、昔から慣れ親しんでいる福岡ドームという名称で呼んでしまいます。これからもきっとそうです。待って私日本語不自由過ぎないか?まあ、そんなことはさておき。福岡ドームのお膝元に住む私にとって、今回のドームツアーは夢のようなツアーで、しかも福岡はオーラス。これは絶対入りたい!と、今まで以上に念を込めて申し込みました。当選メールを開いた時は心の底から安心。そして、ようやく福岡ドームでHey!Say!JUMPが見れるぞ、とじわじわと嬉しさが込み上げてきました。

今回は初めてのいのゆと参戦なんです。一緒にVBBを観に行ったことはあるけど、じゃんぷコンは初めて。仲良くしてくれるじゃんぷ担がいるって幸せなことだなあ、と嬉しく感じています。私自身、じゃんぷ担を名乗るのはどうなのかな?というオタクになってしまったけど、じゃんぷのことを話す私はいつの頃も変わらないな〜としみじみ思うのです。やっぱりHey!Say!JUMPが好きだし、伊野尾さんが好き。それは変わりません。向き合い方は変わってきたけど、根本的なところは変わらない。だから、いつでも彼らの元に帰って来られるんだと思う。ほんと自分勝手なファンだと自覚してるけど、それでも大切だからね、ずっと。

参加中
ジャニーズブログランキング
2018/07/11

夢みたいだけど夢じゃない

伊野尾さんがセンターに立つジャケ写見て鳥肌立った。
こんな現実が訪れるなんてあの頃の私は信じるだろうか。
多分信じないと思う。

ということで、新曲のジャケ写、とても素敵です。
主演ドラマの主題歌を歌うってことだけでも驚きだったけど、ジャケ写を見て改めて身が引き締まる思いです。

すっかり更新することも少なくなったこのブログではありますが、相変わらず私は伊野尾さんのことが大好きです。
今年は久しぶりにアリーナツアーでも遠征する予定です。
福岡はそのうちドームでするのかな。
なんだかそれも信じられないけど、多分そうなんだろうと思う。
出来るだけ早めに日程出たらいいな、と、ワガママで気まぐれなファンは思っております。

そういえば、DVDも見ましたよ。
いや、てか、DVDって。
Blu-ray出してほしいそろそろ。
それはさておき、DVD見ても泣いちゃいました。
未だにナゴヤドームで見たあの風景を思い出してはグッときます。
なんだかんだですごく濃い想い出です。
コンサートであんなに泣いたのも初めてだったもので、かなり私にとってあの日は特別な日だったと思います。
とまあ、言い方を変えれば想い出に浸りすぎなんですけど。
今年のツアーも楽しみです。
いろいろあるけど、やっぱり受け止めきれないところもあるけど、それでも、私は青春時代を共に過ごしてきたHey!Say!JUMPというグループのことを愛しています。
これからもじゃんぷとなら一生青春していられる気がする。
そんな存在です。

こんな感じでひっそりと、細々と、このブログも続けていきたいと思います。
ここは私にとって大切な場所ですからね。
引き続きよろしくお願いします。

参加中
ジャニーズブログランキング
2017/12/24

I/Oth Anniversary

2017年12月24日、ナゴヤドームでHey!Say!JUMPを見ました。

コンサートが始まる前にモニターが切り替わって砂時計が映し出されて、その砂時計の砂が落ちていくのを見ているうちに、自然と目の奥がじんわりしてきました。そして、砂が落ち終わり、客電が消えて、ペンライトの光が一面に広がる光景を見た瞬間、完全に涙腺が緩み、涙が一気に溢れてきました。ステージサイドギリギリまで、上から下まできっちり。Hey!Say!JUMPがドームをこんなに埋めている。すごい。こんな景色をずっと見たかったんだと改めて思いました。

セットリストはほとんど覚えていないけれど、完璧だと思いました。見たいと思っていたものがだいたい見れました。もう一度コンサートで聴きたいと思っていた曲が聴けました。たくさん踊る9人を見ることができました。ひとつだけワガママを言うなら、いつかまたしっかり踊って欲しい曲が1曲残っているので、それはまだ諦められないです。でも、それだけです。

私が伊野尾担になって11年になります。Hey!Say!JUMPをデビューの時からずっと見てきました。10年間いろんなことがありました。今回はいろんなことをたくさん思い出すコンサートでした。曲を聴くだけで、当時の写真や映像がモニターに映し出されるだけで、その時の記憶が一気によみがえってきて、どうしようもなく泣けました。間違いなくHey!Say!JUMPは私の青春そのものだったからです。

会場に入る直前まで私はもしかしたらこれで最後かもしれないと思っていました。まあ、それはいつも思うことで、今までもそう思いつつも最後にはならなかったんですけど、今回は本気でそうかもしれないと思っていました。最近はあまりHey!Say!JUMPのために時間やお金を使うことができていません。私の知らないHey!Say!JUMPも増えてきました。以前ならばそれが悔しくて必死で追いかけていたけれど、何となくそういうこともなくなってきました。それに、こうしてここでブログを書くことも少なくなって、私はHey!Say!JUMPや伊野尾さんのことを語り尽くしてしまったんだな、と思っていました。

だけど、そんなことなかったんですよ。もう私は夢が叶ったと思い込んでいたけれど、まだ夢の途中でした。確かに、あの頃私がよく言っていた「いつかどこで誰に伊野尾くんが好きだと言っても分かってもらえる世の中になってほしい」という願いは叶いつつあります。本当に幅広い世代の人たちに伊野尾さんのことを知ってもらえていることを日々実感しています。こうして3大ドームツアーもすることができるようになりました。これでもう私は充分だと思っていたけど、それでもまだまだこの人達と夢が見たいと思ったし、まだまだ見たい景色があると思ったし、何より私はHey!Say!JUMPのことが心の底から大好きなんだと思い知らされました。

ドームに入る時、たまたま話した子は中学生でした。「じゃんぷがデビューした時は私も中学生だったんだよ」と言ったら「私は4歳でした」って言われたんです。純粋にすごいって思ったし、嬉しいって思ったし、「そうやってどんどん若い子達がじゃんぷのことを好きになってくれて、じゃんぷのためにこんなにたくさんの人が集まってくれるようになって嬉しい」って思わず言っちゃいました。そうそう、私が理想としていた世界はこういう世界だったんだ。

久しぶりにこんなに泣きました。コンサート中にあんなに子供みたいに声を上げて泣くことなんかないですよ。でも、あまりにも気持ちがいっぱいになっちゃって、止まらなくなっちゃったんです。今これを書きながら泣きそう。なんでこんなに泣けるんだろう?って思うんだけど、それは今まで気付いてなかっただけで、やっぱり私が現在進行形でHey!Say!JUMPのことを大切に想っているからなんだと思います。

Hey!Say!JUMPを好きになって良かった。Hey!Say!JUMPと一緒に10年間生きてこられて良かった。

やっぱり私は明日からもHey!Say!JUMPと一緒に生きていきたい。この先もできるだけ長く、彼らと同じ未来を目指していきたい。

10年間ずっと大好きだった人達は、今日も相変わらず素敵で、今も大好きで、明日からもずっと大好きです。

Hey!Say!JUMP10周年おめでとう。今までたくさん幸せをありがとう。これからもよろしくね。

参加中
ジャニーズブログランキング
2017/07/18

一般発売の情報はジャニーズWebに書いてあった。

そりゃそうだ。
とりあえずそこに全力を込めるつもりです。
やっぱり行きたいもん。
じゃんぷに会いたいもん。
好きなものは好きだ。
私は堂々とHey!Say!JUMPが好きだと言うぞ。

もし一般発売手伝ってもいいよ〜なんて方がいらっしゃったらお声かけください。
まあ、みんなもみんなで必死だよね。
みんながんばろうね。

連日愚痴っぽくてごめんなさい。
なんかこういう時だけジタバタするのみっともないな〜と我ながら思う。
もっと大人にならなきゃね。

追記にコメレス≫MA様


参加中
ジャニーズブログランキング

続きを読む