--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


参加中
ジャニーズブログランキング ブログランキングならblogram
2014/10/27

まだまだ語り尽くせない。

えー、数日前にある担降りに関するブログ記事が話題になったんですが、私ももちろん読みまして、とても心に響く文章でありました。
その中で、「〇〇担だから〇〇のことを話さなきゃ」という義務感に変わってしまっていたことが、担降りのきっかけになったということが書かれてました。
あ、これ意訳です。

で、それを読んだ時に自分はどうかなーって思ったんですよ。
私は常日頃からここでは伊野尾さんの話をしたいんだ、という風に言ってます。
私が伊野尾さんを書くことを待ち望んでいる方も少なからずいるんだろうな、という印象も受けます。
実際、伊野尾さんのことを書いた日は他のことを書いた日に比べて確実に反応がいいからです。
拍手の数が全然違います。
だから、私は誰かが望んでくれるなら、伊野尾さんのことを書きたい、と思っています。

じゃあ、誰かが待ってるから書くのか。
そうではありません。

そもそもブログというものはほとんど一方通行のツールだと思ってます。
というか、インターネットってそういうツールの方が多いですよね。
私がここで好き勝手いろんなことを話して、もしそれに誰かが共感してくれたのなら、それは奇跡なんだと思うんです。

この世の中には、伊野尾さんのことを話す人はたくさんいるはずなんです。
私のようにブログというツールで話す人もいれば、Twitterを使う人もいれば、LINEで誰かと密やかに話してるかもしれません。
つまり、私じゃなくてもいいんだと思うんですよ。
伊野尾さんのことを話す人なら誰だっていいんだと思います。
だけど、いろんな伊野尾さんに関する話を聞いていく中で、もしかしたら私の書くことが一番共感できるなーって思って下さることがあるかもしれません。
私の書いた文章がひょうんなことから誰かの心に刺さるかもしれません。
そうなった時に初めて一方通行じゃなくなるんだと思います。
そこで、拍手だったり、コメントだったり、共感したよっていう意思表示をしてくれる人がいて、コミュニケーションが生まれるわけです。

でも、私は決してコミュニケーションを取るためだけに書いてるわけではありません。
一方通行でもいいから、誰かひとりでも多くの人が私の文章を介して伊野尾さんの魅力に気付いてくれたらいいなっていう、そういう気持ちでいるわけです。

でも、そんなことじゃなくて、もっと単純なことなのかな、という気もします。
つまり、私が伊野尾さんのことを好きだから、伊野尾さんのことを誰かに話さないと気が済まないから、私自身が伊野尾さんのどういうところに魅力を感じているのかまだまだ全てを知り尽くしてないから、だから書くのかもしれません。

私はこのブログで伊野尾さんのことを書くことに対して義務感を抱いたことが今のところありません。
だから、ここで伊野尾さんに対する想いを書き続けようとしてるわけです。
誰かのためじゃない、自分のためなんです、結局。

もしかしたら近い未来に「もう書けない」ってなることだってあるかもしれません。
その時が来たときに、私は潔く伊野尾さんのことを語ることをやめることができるか。
それは分かりません。
やはり義務感を抱いてしまう可能性だってあります。

でも、今この瞬間は、まだ伊野尾さんについて書きたいって思うし、書くことはまだまだいっぱいあるって思うんです。
語り尽くせてなんかいないです。

結局ずっと伊野尾さんに縋り付いていくのかなあ、なんて思ったりしたんですけど。
それもちょっと違うのかなって思えるようになってきました。
というのも、いろいろけじめがついてから、伊野尾さんに対していろんな言葉を使うことが楽になった気がするんですよね。
こう、なんというか、無責任に褒められるというか。
んー、ちょっとどう表現していいか分からないけど。

今までは私は伊野尾担である、という重圧に負けてたのかな。
だから、伊野尾担を名乗ることもためらっていたわけだし。
もうね、何年も前から「伊野尾担やめたい」とことあるごとに言ってきたわけですよ。
それはやっぱり逃げだったのかな、とも思うんです。
でも、今は違います。
逃げてなんかいません。
むしろちゃんと真正面から向き合えるようになりました。
冷静になってみて、それで、伊野尾さんに対する想いを言葉にすることが重くならなくなったんです。
ふわっと軽い気持ちでいられるんです。
単純に伊野尾さんが好きだという気持ちだけでいられるようになったんです。

あー、やっぱりはっきりとした言葉にはならなかった。

とにかく、私は伊野尾さんのことを語るのをやめませんよ。
ずっとここで伊野尾さんのことを書いていきますよ。
たまには他のことを書くけれど、でも、一番に伊野尾さんのことを書きたいと思っていますよ。

そういう心持ちでいます。

多分、もう、伊野尾さんのことを好きになって8年くらいになるんですね。
世間的に言えば、もうだいぶ長いファン歴なんだと思うんですけど、私は全然満足してなくて。
私は実はまだまだ伊野尾さんのことを知らずにいるんじゃないかって思うんですよね。
そりゃね、それなりの年数を重ねてますけど。
でも、まだまだ。
伊野尾さんのことをあきらめることはできないんです。
まだあきらめてないですよ。
もっともっと、上を目指していきますよ。
なんてね。

拍手ありがとうございます!
励みになります!
スポンサーサイト


参加中
ジャニーズブログランキング ブログランキングならblogram

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。