--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


参加中
ジャニーズブログランキング ブログランキングならblogram
2016/07/24

好きが溢れて27時間。

テレビやってますね。
全然見れてないけど録画はしてます。
事前番組も途中からだけど見ました。
そういえば今日はSODAの件でザワザワしてて、まだ実物を目撃していないのですが、今までに見たことのない伊野尾さんがそこにいると思うと居ても立っても居られないです。
まだまだ彼は私たちに見せていない顔を持っていたわけです。

なんかね、伊野尾さんのことを考えると胸がきゅーっと苦しくなって、ポロポロと涙が出てきます。
悔しいんだと思う。
中高生の頃の私みたいに伊野ちゃんが全てだった私でいられないのが。
そりゃね、昔からみんな大好きで、いろんなエンターテイメントが大好きで、それはずっと変わらないことだけど、何だか最近身体が気持ちについていけないことが多々あって、なんか、まだまだ若いと言われる年齢だけど、確実にあの頃の体力とか、強い気持ちに勝てなくて、それが悔しい。
だってさ、やっぱり私は伊野尾さんが大好きなんですよ。
泣けちゃうくらい好きで、伊野尾さんが笑っているだけでこの世界は素晴らしいって思いますよ。
それでも、その好きな気持ちを原動力にしていけないというか、んーなんと言っていいか分からないけど、空回りしてるんですよね。
こんなにさ、幸せなことってないよ。
もうね、どんどん夢が叶っていくの。
あの頃はもっと辛くて苦しくて悔しかったのに、今は幸せ過ぎて悔しいんだなあって。

最近は伊野尾さんがあまりにもいろんなところに顔を出すから、それをアレコレ言う人もいるけどさ、多分そうじゃないんだ。
需要と供給ってやつだと思う。
世の中が伊野尾さんみたいなアイドルを求める時代なんだと思う。
だって、伊野尾さんは今までも伊野尾さんだったし、多分それは今まで伊野尾さんとお仕事してきた人たちはみんな知ってたことだと思うのよね。
でも、じゃんぷってある意味鎖国状態でさ、あまり外との関わりのないグループだったわけじゃないですか。
でも、山田さんや裕翔くんが演技で評価されたり、光くんや大ちゃんがバラエティーで評価されたり、それぞれのフィールドで活躍するようになってさ、今までHey!Say!JUMPを知らなかった人たちが関係者になっていって、そこで伊野尾さんを目撃して、伊野尾さんの可能性を見出してくれたのよね、きっと。

伊野尾さんのこの波の一番初めは多分ヘアカタログの表紙だと思うんだけど、それは元々裕翔くんがモデルとして評価されたことが始まりだと思うのよ。
裕翔くんを介してHey!Say!JUMPを初めてちゃんと見た人たちが、伊野尾さんに目をつけてくれたんだと思う、予想でしかないけど。
それが良かったから、何となく雑誌のお仕事が増えたと思うし、伊野尾さんの持っている美しさを更に際立たせてくれるようになったんですよ。
んで、テレビによく出るようになったのは、多分伊にゃー慧とかDIYとか、その辺りがきっかけだと思うけど、それも多分ヒルナンデスでありとめの二人が頑張ったから、ちゃんとHey!Say!JUMPを見てくれるようになって、それで伊野尾さんの良さに気付いてもらえたんだと思うし。
だってさ、伊野尾さんがMCで天才的に面白いってことくらい、みんな前から知ってたやろ?って思うじゃないですか。
バラエティーの素質があることくらいみんな知ってたじゃないですか。
でも、その業界の人たちは最近知ってくれて、それで、みんな伊野尾さんを出したいって思ってくれてるわけでしょ?
まあね、少しは後押しとかあったのかもしれないし、これから伊野尾さんの名前を売っていこうって話もあったのかもしれないけど、それは思ってるより大袈裟なことじゃなくて、たまたま全部ホームランだったから、次にどんどんつながっていってるんだと思うのですよ。
だから、誰が何と言おうと今の伊野尾さんの活躍は100%伊野尾慧本人の実力だと思います、私はね。
実力っていうか、素質っていうか。
本来の魅力をもっと高めてくれる人たちが周りにたくさんいるんだと思う。
伊野尾さんの良さを伝えたいって思ってくれる人たちのおかげだと思う。
そういう人たちとの出会いもまた、伊野尾慧という人間を示していると思う。

なんて、伊野尾さんのことを考えてたらなんかいっぱい話したくなったから書いちゃった。
もっともっと話したいって思うし、ちゃんと知らなきゃって思うし、それでもついていけない時もあるけど、たくさんの人と伊野尾さんについて幸せな気持ちを共有していけたらいいな。
伊野尾さんには笑顔が、楽しいが、幸せが似合う。

ほんとにね、私のTwitter見てる人は知ってると思うけど、本田くんのことばっかり話してるけど、でも、愛の大きさとかって比べられないなあって思います。
それは神山くんについても同じことで。
だって、それぞれに魅力がいっぱいあるからさ、そんなの比べるほうがおかしいんだよなあ、私の中ではね。
だから、最近考えてたんだけど、私は伊野尾担であり続けるんだと思う。
よくさ、義務感がどうとか言うけど、私は伊野尾担でいることに義務感は全く感じてないです。
むしろ私のほうが必死に伊野尾担でいることに執着してるというか、伊野尾担じゃない自分はやっぱり違うなあって。
少しだけ伊野尾担じゃない時期もあったんだけど、それは嘘だと思った。
だから、これからも伊野尾担でいさせてください。
伊野尾さんのこと話させてください。
あの、Twitterとかでも話しかけていただくの大歓迎ですし。
私が伊野尾担でいられるようにしていただけたら嬉しいです。
うん、なんかよく分からないお願いだね。
私は今までいろんな人たちと一緒にじゃんぷ担してきたから、これからもできればいろんな人と一緒にじゃんぷ担していきたいなあって思って。

ほんと私も何書いてるのか、何が言いたかったのかよく分からなくなっちゃった。
最後まで読んでくれた人、ありがとう。
いつでも私はここにいるから、絶対離れないから、また来てね。
なんてね。

追記にコメレス≫カレンさん

参加中
ジャニーズブログランキング ブログランキングならblogram



≫カレンさん
初めまして、ブログ読んでいただきありがとうございました。
もうかれこれ5年くらい前の記事ですが、コメントいただけてありがたいです。
デビューした頃、4周年を祝うブログを書いた頃、そして今、伊野尾さんを取り巻く環境が変わってきていますが、伊野尾さんが一番気になる、好きって言ってくれる人がいると私はいつでもとても嬉しく思います。
嬉しいお言葉ありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。